3.固定資産台帳作成のポイント、固定資産の会計処理

¥3,000

【地方公会計シリーズ】

1.地方公会計の基礎
2.財務書類作成のポイント
★3.固定資産台帳作成のポイント、固定資産の会計処理
4.連結財務書類作成のポイント、注記、附属明細書のポイント
5.財務書類の活用事例
6.財務書類の見方、分析方法、分析例
7.財務書類公表前のチェックポイント

このセミナーは、★3.固定資産台帳作成のポイント、固定資産の会計処理です。

固定資産台帳作成のポイントや更新の流れ、重要な固定資産の会計処理のポイントについて解説します。

商品の内容、推奨対象者、セミナーの詳細は、下記 説明 をご参照ください)

地方公会計の動画セミナーは全部で7種類あり、それぞれで完結していますので講座単位での受講も可能です。

シリーズでご覧頂くとより効果的です。

【こんな方におすすめのセミナーです】

  • 今年度より地方公会計の担当となった。効率的に地方公会計を学びたい。
  • 財務書類や固定資産台帳が正しく作成できているかわからない。あるべき方法を知りたい。
  • 地方公会計をどう活用していいかわからない。より活用したい。
  • 近隣でセミナーの開催がない。日程が合わない。

※動画をダウンロードしていただきますので、何度でも好きなタイミングでご覧いただけます。

 

【注意事項】

  • ご購入された商品は、商品の性質上キャンセル及び返品はできませんので、お買い求めの際は十分にご注意ください。
  • ダウンロード期限は2022年3月31日までとなります。
  • ご要望に応じ請求書、納品書、領収書をメールにてお送りすることができますが、郵送には対応しておりませんのでご了承ください。
  • 動画はいずれも約1GBです。ダウンロードの際は通信量が大きくなりますので、通信環境にご注意ください。
  • 動画及びテキストの他への譲渡、転送はお控えください。また、団体でご購入された場合のみ、団体内でご視聴いただけます。

 

【ご購入手続き】

ショップでご希望の商品をお買い物かごに追加します。
お支払方法は、銀行振り込みとpaypalお支払いを選択できます。

詳細は、こちらをご覧ください。

カテゴリー:

説明

【商品の内容】

動画ダウンロード(MP4ファイル)収録時間1時間46分

テキスト(PDFファイル)53ページ

 

【こんな方に】

地方公会計財務書類作成担当者

地方公会計財務書類委託担当者

固定資産台帳整備担当者

 

【セミナーの内容】

1.固定資産とは
固定資産の意義
固定資産と公有財産、その他財産の関係
事業用資産
インフラ資産
建設仮勘定
ソフトウェア
リース資産
物品
建物、建物附属設備、工作物、物品の違い
資本的支出と修繕費の区分
所有外資産
この章のまとめ

2.固定資産台帳とは
固定資産台帳の意義
固定資産台帳の目的
固定資産台帳の記載項目
固定資産台帳の公表
固定資産台帳の記載単位
仕訳と貸借対照表と固定資産台帳の関係
この章のまとめ

3.固定資産の評価
固定資産の取得価額
統一的な基準移行時の固定資産の評価
減価償却とは
減価償却費の耐用年数
減価償却費のポイント
減価償却費の計算例
減価償却の対象資産
この章のまとめ

4.固定資産台帳の更新
固定資産台帳更新の流れ
固定資産台帳の更新例
固定資産台帳の更新例-埼玉県和光市
参考:固定資産台帳更新の効率化策
参考:固定資産台帳と公有財産台帳等のシステム統合例(埼玉県和光市の例)
この章のまとめ

5.固定資産の会計処理の ポイント
資産取得時の仕訳例(資金仕訳)
減価償却の例(非資金仕訳)
減価償却(取得2年目)
減価償却(取得3年目)
固定資産の除却損の計上(非資金仕訳)
固定資産の売却損の計上(資金仕訳の修正)
この章のまとめ

6.サービスのご案内
提供サービス
講師 略歴等

レビュー

レビューはまだありません。

“3.固定資産台帳作成のポイント、固定資産の会計処理” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA