期末一括仕訳-資金仕訳

前回は「期末一括仕訳」と「日々仕訳」について解説しました。

「期末一括仕訳」と「日々仕訳」

今回は、一般的に採用している団体が多い期末一括仕訳の仕組みと、仕訳のうちメインとなる資金仕訳について解説していきます。

 

期末一括仕訳による財務書類作成の流れ

最初に復習ですが、期末一括仕訳による財務書類作成の流れは次のようになります。

 

左の大きな〇が歳入歳出決算書をベースに、一般会計や歳入歳出決算書を作成している特別会計ごとに、合計残高試算表までを作成していく流れです。

右の大きな〇が、合計残高試算表を精算表に転記して一般会計等、全体、連結財務書類を作成する流れです。

今回は、左の大きな〇のうち、一般会計や歳入歳出決算書を作成している特別会計での仕訳(資金仕訳部分)について説明していきます。

 

資金仕訳

期末一括仕訳では、歳入歳出決算データをベースに仕訳をしていきます。

これを「資金仕訳」と言います。

歳入歳出決算データは、

「仕訳を一義的に特定できるもの」

「仕訳候補が複数あるもの」

に分かれます。前者は自動で仕訳が作成されます。

後者は自動では作成されず、個別に仕訳をしていくことになります。

 

自動仕訳

「仕訳を一義的に特定できるもの」とは、「歳入歳出データの予算科目と統一的な基準の勘定科目が1対1で対応」しているものです。

「仕訳を一義的に特定できるものについては、「資金仕訳変換表」を用いて自動的に仕訳を変換していきます。

イメージとしては次のようになります。

略称

BS (Balance Sheet)=貸借対照表

PL (Profit and Loss statement)=行政コスト計算書 

NW (Net Worth statement)=純資産変動計算書 

CF (Cash Flow statement)=資金収支計算書

 

個別仕訳

次に、「仕訳候補が複数あるもの」とは「 歳入歳出データの予算科目に対し、統一的基準の勘定科目が複数に分かれるもの」です。

これは、自動的に仕訳ができないため、内容を一つ一つ確認し、適切な仕訳に振り分けていく必要があります。

イメージとしては次のようになります。

kobetushiwake

 

ただし、この方法は伝票を一つ一つ見ないと仕訳を選択することができないので、 非常に手間を要します。

これを回避する方法として、次の「予算仕訳」で二つの方法を紹介します。

 

予算仕訳

個別仕訳で一つ一つ内容を確認し、仕訳をしていく手間を軽減する方法として大きく次の2つの方法があります。

「地方公会計の勘定科目と一対一になるよう予算科目を細分化する」

「伝票に勘定科目を判別するコード(または勘定科目そのもの)を記入する」

前者は一般に予算仕訳と呼ばれており、予め地方公会計の勘定科目と一対一になるよう予算科目を設定しておきます。

歳入歳出データが確定すれば、資金仕訳変換表により自動的に仕訳が作成されます。

実務上は、予算査定の段階で仕訳を行うようなイメージとなります。

 埼玉県和光市や鳥取県琴浦町、熊本県宇城市、愛媛県砥部町など採用されています。

埼玉県和光市の例

https://www.soumu.go.jp/main_content/000680009.pdf

鳥取県琴浦町

https://www.soumu.go.jp/main_content/000680008.pdf

 

2つ目の財務会計システムの伝票摘要欄に、勘定科目コードを入力する方法ですが、

予算仕訳と同じ効果を得られますが、日々の伝票に記入していくものであるため、日々仕訳に近いとも言えます。

予算科目をどうしても変更できないが仕訳を効率したいという団体が採用しています。

あらかじめ勘定科目コードを決めておき、調定や支出命令の際、伝票の摘要欄等にコードを記入します。 

ざっくりとしたイメージは次のようになります。

以上が、期末一括仕訳の「資金仕訳」の解説でした。

次回は、期末一括仕訳における資金仕訳のポイントについてお話していきます。

記事を気に入っていただいたら、ぜひイイネボタンをお願いします。

(SNS等へのリンクはありません)

大変励みになります。

2+