シンガポール研修 観光編

はじめに

前編ではシンガポールの研修についてお話しました。

シンガポール研修 学習編

こちらではシンガポールでの観光についてお話していきます。

ビルにたくさんの緑が

シンガポールではあらゆるところで、緑を施した建物に出くわしました。

  

下の写真は空港の中の噴水ですが、その周りも木々でいっぱい。

これは、政府が緑化を国家戦略として進めてきたことによるものだそう。

事業者に厳しく法律上の規制がかけられているようです。

シンガポールは地震や台風が来ませんが、代わりに、一番危機感を感じているのが地球温暖化なのだそう。

そういえば、ほとんど海面から高さの変わらないところに都心部が広がっているため、海面の水位が上がることはかなりの脅威となります。

この緑化規制でどのくらい温暖化防止に貢献するのか、相関関係まではわかりませんでしたが、このほか大きな植物園が整備されていたり、緑化に力を入れているのが伝わってきました。

 

観光地

研修は夕方までで、そのあとは自由のため、毎晩観光に行っていました。

一番面白かったのが、アラブストリート&モスクを抜け、リトルインディアにあるヒンズー教の寺院に行き、そのあと中華街に行くコース。

最初にアラブストリートに来ました。

次にリトルインディアへ。

ブロックを超えると、街並みも、通る人も、聞こえる言葉も違っていて、違う国に来たよう。

特にヒンズー教のお寺(写真右下)では、たくさんの神様が並んでいて、インド系の方がお祈りされてました。

プチカルチャーショック。

 

そのあとは中華料理を食べに別 ブロックへ。炒め物に湯葉を揚げたのが入ってました。美味!

 

 

マリーナベイサンズの屋上からの夜景

 

マリーナベイサンズの隣にはカジノが

リバークルーズからの夜景

ガーデンバイザベイのショー

セントーサ島にも行きました。

ロープウェイで行くのがとてもおすすめ。セントーサ島が一望できますし、だんだん海と島が近づいてきてワクワク感満載です。

しかし、海を渡るときは、ロープウェイがここで落ちたらと、ちょっと怖いです。

 

人工的ですが、ビーチも。

ジップライン。長くて面白そう。(とても分かりにくいですが、左の方から出て、右の島まで行きます。左の写真にジップラインしている人が小さく写っています。)

 

セントーサ島にもマーライオンがいます。展望台になっていて、結構大きいのにびっくりします。

 

バラエティに富んだ食

シンガポールは多民族国家。

中華系が7割強、マレー系が1割、インド系が1割

食べ物も多様でした。

こちらはシンガポールで有名な料理、チリクラブ。辛い味付けのカニです。

メンバーがお店を予約してくれましたが、人気店で人がいっぱい並んでました。

おいしいのですが、日本のカニの食べ方に慣れた私たちには、せっかくのカニの味がチリソースで飛んでしまっている、との感想。

こちらは中華とマレーが融合したプラナカンという地区のラクサという麺料理。

ココナツ味で、こちらも辛いです。

こちらもシンガポールの名物料理、チキンライス。

非常にノーマルな味付けのチキンと鶏ガラスープで味付けされたご飯がセットになってます。安心の味です。

こちらはタイ料理のグリーンカレーと名前は忘れてしましましたが、チキンとエビ。

 

少しエスニックでスパイシーではありますが、美味しかったです。

黄色のパイナップルのようなものは、タピオカ。

デザートにタピオカがついてくると言われたので、タピオカドリンクに入ってるような丸い粒を想像してたら、タピオカ芋を蒸したものでした。

サツマイモのようで美味しかったです。

最後は至るところで見たココナツジュース。スーパーにも売ってました。スーパーだと3ドルほど(240円くらい)。

そのほかもレストランでしっかり食べると800円から1500円くらいになりますが、ホーカー(街中のフードコート)で食べた時は、野菜のおかず2種とご飯(中華)で3ドルと安かったです。

基本的に辛いものが多い印象ですが、辛いものはどちらかといえば苦手なのでなるべく避けていましたが、そうすると食べるものに困るというほどでもなく、いろいろトライできました。

写真は、訪問先で出していただいたプラナカンという民族のお菓子。

見た目と違いとてもあっさりして美味しかったです。

 

お土産

こちらのお菓子は、シンガポールでは有名なブンゴワンソロというお店のもの。空港で売っていたので、買って帰りました。(訪問先で出していただいた、上のカラフルなお菓子もブンゴワンソロです)

メンバーからKAYAジャムが有名だと聞いてスーパーで3つ買って帰りました。どれも3ドル前後(250円くらい)

ココナツやいろんなフルーツが入っています。

真ん中の緑色のがトウガラシのように見えて辛かったらどうしようと思いましたが、全然大丈夫で、むしろ甘さ控えめでおいしい。

 

宿泊したホテル

宿泊したのは、ホテルパーク アベニュー ロチェスターホテル。中心街からは離れていますが、MRTブオナビスタ駅に近く、またアメニティのそろった快適なホテルでした。

ルームサービスロボットが働いていました。

 

 

おわりに

シンガポールは、近代的な旅行をしたい人にはとてもおすすめ。

シンガポールはタバコのポイ捨ては厳禁。

街はクリーンで安全。ホテルや大学の水道の水も飲めました。

デング熱を心配して、蚊対策もしましたが、蚊自体ほとんど見ませんでした。

タクシー代が割と安いので、MRT(地下鉄)がない地域もタクシーで移動すれば、たいがいのところに行けます。

グラブタクシーアプリ(アプリでタクシーを呼び出し、決済までするシステム)がよいと勧められ、使おうとしましたが、こちらは一観光客では少しハードルが高かったです。

(うまく待ち合わせできずキャンセルされてしまったりしました)

ご紹介したように、マーライオンだけでなくたくさんのアトラクションや変わった食べ物があるので、ぜひシンガポール訪れてみてください。

 

 

0